今津散歩


今回の最大目的 “竹生島観光” 以降は
当てのない旅なので

汽船乗り場すぐ傍の“琵琶湖周航の歌資料館”(入場無料)にて
近所の観光パンフレットを入手。




すると “ヴォリーズ通り” なるものが・・・


P1180008.jpg


ヴォリーズといえば
琵琶湖対岸の近江八幡が有名で何度か訪れた事があるが

今津にもヴォリーズ建築があったとは初耳。


P1180010.jpg


早速、写真一番上のヴォリーズ資料館を訪ねると・・・

先ず目に飛び込んできたのは

ベジタブルカレー     ¥300 
ベジタブル黒米カレー  ¥330
飲み物ALL         ¥200

思わずベジタブル黒米カレーを注文!

わはは。。。


この資料館は1923年築
百三十三銀行(現滋賀銀行)今津支店


P1180012.jpg


ヴォリーズ通りを更に西へ20mほど入ると
“今津基督教会館”(現在は幼稚園)


P1180017.jpg



すると母上が
『なんで“今”の字だけ裏返しなんやろ?』

????

よくよく見てみれば


P1180018.jpg


なるほど

で、案内板をよく読んでみると
“中国の篆書体”であると書いたぁる。

ふ~ん、なんのこっちゃ・・・である。


P1180019.jpg


さらに30mほど進むと・・・

今にも崩れ落ちそうな “旧今津郵便局”


P1180022.jpg
正面玄関上の鬼瓦に郵便局マーク


個人所有の特定郵便局で取り壊しの危機にあったが

現在は地元NPOに拠って修繕管理され
入場無料で見学できる。


P1180025.jpg


二階の年月を感じさせる汚れた壁にはピンホール写真が飾られ
なかなかの風情である。


まだまだつづくのよ。。。



William Merrell Vories (1880~1964 ) 
後に帰化して一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と改名
建築家、またメンソレータムを最初に輸入販売した実業家としても有名。

大正当時、高速船(当時のね)にて琵琶湖を往来し
近江八幡の対岸である今津でも精力的に建築家の腕を振るった様子。

今津には他にも一軒、郵便局のオーナーの自宅があるが
一般公開されていない。


2015-11-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

jaboo.uno

Author:jaboo.uno
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR