お別れ


暑かった昼間から
天使の梯子を横目に峠を越える夕方。




お別れはいつも突然やって来て・・・

最後に逢った折りには
抗がん剤をぶら下げて “ツライんすよ” とこぼしていたが




それでも

ホントに
嬉しそうに

ホントに
楽しそうに

ベースを弾く姿を僕らの目に
脳裏に焼き付けてアイツは梯子を駆け上がってしまった。

南部賢司 享年54歳

お疲れさん
ご苦労さん

もう頑張らんでいいよ
ゆっくり休んでくれ。


2016-08-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

jaboo.uno

Author:jaboo.uno
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR